Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの材料・プロセスメディア分析は、製品が、高い基準であることを確実にする材料品質であることを保証するために役立ちます。

太陽光発電セルやモジュールを生産する際には、使用材料が、製品の品質や信頼性の高い動作を保証するために、十分高い基準を満たしていることを確実にする必要があります。 SGSの物質解析は、製品の研究開発の一環として、サプライチェーン全体の材料特性や品質を評価します。

専門家による試験・分析

SGSは、半導体業界において実証された専門知識を持つマーケットリーダーであり、だからこそSGSによる材料の徹底的な分析は信頼できるのです。

SGSの経験豊富で高等教育を受けたスタッフは、半導体やPVのためのクリーンルーム評価や小環境内の空気認定を実施します。

  • 空気中の分子汚染(AMC)
  • 有機的・無機的な表面分子汚染(SMC)

SGSは、必要に応じて、サプライチェーンの各段階に対する試験や分析を実施します。 以下は、SGSが材料試験の際に調査する特性の例です。

  • シリコンSGSは、バルク中および表面上の不純物・ドーパント・電気的性質・結晶構造を分析します。
  • 超純水組成、濃度、PPMレベルの純度、イオン、金属、粒子、TOC、細菌
  • 廃水金属元素・イオン・有機物の場合
  • 化学物質(酸・塩基・溶媒・スラリー)組成、濃度、含水量、純度、金属、粒子、残留分、粘性、密度、TOC
  • エマルジョン、油、グリース粒子、不純物、安定性
  • ターゲット清浄度、構造
  • 厚膜ペースト組成(結合剤・溶剤・融剤・添加物)、熱分解・排気・凝縮によるガス、熱的性質
  • 基板(ガラス・金属)表面特性、組成、清浄度、機械的性質
  • ホイル架橋度、組成、熱的性質、安定性、挙動

材料分析のメリットについてお知りになりたいお客様は、SGSの材料・プロセス媒体試験や解析サービスについてお問合せください。