Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSのエネルギー効率認証計画でお客様の製品への信頼を構築できます。

製造者、納入業者、規制担当者および消費者は、SGSのエネルギー効率認証マークを備える製品が、関連の規準および仕様に加え、性能要件を安定的に満たすことで消費者に安心を与えます。

計画はISO/IECガイド67 (製品認証の基礎要件)に記載されている通りに、カテゴリー5に従って設計されています。 SGSエネルギー効率E&E制御委員会で管理され、電化製品および部品をカバーします。

認証に含まれるもの

このプロセスは、国際的に確立したIEC安全性能要件、あるいは地元において同様の要件に焦点を当てており、以下のものを含みます:

  • テスト
  • 点検
  • 認証決定
  • 工場検査
  • SGSエネルギー効率認証マークを用いたライセンス
  • 市場のモニタリング

認証の主な基準は以下の通りです:

カテゴリ 名称
スタンドバイモード 1ワット規制(スタンドバイ状態におけるすべての電気デバイス)
エネルギー消費 セットトップボックス、テレビ、室内照明製品、皿洗い機、洗濯機、クーラー
エネルギー効率 すべての以前に記述された製品種別

既存の認証

別々の場所で生産された同じ製品に対して、あるいは同じ場所で生産された別の製品種別に対して、エネルギー効率認証の拡大を申請することができます。 お客様の申請はSGSの認証責任者により点検され、必要な場合には追加試験、監査あるいは点検が行われます。 お客様の申請が認められ、拡大が可能な場合には、新しい証明書が発行されます。

認証およびマーク監査

スキームの完全性を確保するために、SGSでは市場調査や工場検査などの方法で、認証およびマークの使用を監視します(例: 消費者、当局などの認証機関)。 SGSエネルギー効率認証マークのある製品でも、安全性あるいは基準適合が疑わしい場合は、検査を行い、必要な場合には再試験も行います。 認証あるいはマークが悪用されている場合には、認証の停止あるいは取り消しを開始し、該当する場合は損害賠償を請求します。

SGSが提供するエネルギー効率認証で製品の品質を実証できます。