Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSからのHALT(高加速寿命試験)およびHASS(高加速ストレススクリーニング)で、デザインの欠陥を発見します。

HALTとHASSは、開発者とメーカーが、製品の生産開始前後において、製品の弱点を迅速かつ効率的に特定することを支援します。 弊社の信頼性試験の専門家が、貴社のHALTおよびHASS試験の立案および提供において協力いたします。 製造者は往々にしてこれら試験を、相互・連動的に実施いたします。

HALT

デザイン処理中に通常適用されるHALTにより、貴社は迅速に製品の弱点を特定することができるようになります。 これにより、工業生産が始まる前に変更を行うことができるようになります。 通常の加速試験では数週間かかるところですが、HALT試験では数日中に、製品の弱点が指摘されます。

弊社は製品に、熱および振動ストレスを用いて加速経年させます。 弊社の信頼性試験所では、意図的に貴社製品の想定された環境条件を超過いたします。 貴社製品の開発を推進する上での弊社の目的は、エラーを起こしてその限界を見つけることです。

以下の試験ストレスが通常適用されます:

  • 温度ステップストレス – 高温および低温
  • 急速な熱サイクル
  • 振動ステップストレス
  • 環境ストレスの組み合わせ(振動、熱サイクル)

航空業界では、製品のエラーが悲惨な結果をもたらす可能性があることから、HALTは通常必須となっています。

HASS

HASSによって製造後の製品の欠陥を検出します。 通常、発送前に使用されるHASSは、バーンイン (長時間の欠陥検出作業) に大きく置き換わるものです。

弊社の信頼性試験の専門家は、貴社製品に適切なストレスプロファイルの開発を指導します。 ストレス水準は、脆弱なサンプルのエラーを検出するのに十分なほど高いものでなければなりませんが、製品の納入を遅らせるほどのものであってはなりません。

HALTおよびHASSの試験が、市場への販売前に貴社の潜在的問題を明らかにする方法については、SGSまでお問い合わせください。