Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

電気および電子製品のメーカー、小売業者、および供給業者は、その製品の市場に該当する特定有害物質使用制限指令(RoHS)のさまざまな規制に適合しなければなりません。

RoHSとは何でしょう?

RoHS2指令 2011/65/EUは、電気電子製品において、鉛及びその他の潜在的に有害な物質(カドミウム、水銀、六価クロム、PBB/PBDEなど)の使用を制限します。 RoHSは、均質素材の重量により、これらの物質を0.1%または1,000ppm(カドミウムを除く。カドミウムは0.01%または100ppm)に制限します。

2015年6月4日、指令2011/65/EUは指令2015/863に改正され、新しくフタル酸エステル4物質が追加となり、規制物質は合計で10物質に増えました。カテゴリー1から7、10、11の製品については2019年7月22日までに適合する必要があり、カテゴリー8,9の製品は2021年7月22日までに適合する必要があります。

RoHS認証された世界28か所のラボラトリーを持つSGSは、適合性達成の理想的なパートナーです。

EU RoHS指令は、電子製品に関する回収、リサイクル、復元目標を設定するWaste Electrical and Electronic Equipment指令(WEEE)2002/96/ECと密接に結びついています。 

類似した規制が、中国、日本、韓国、米国、ノルウェー、トルコなど、世界の他の地域にも存在します。  弊社の化学専門家が、海外および国内の制限物質規制への非適合のリスクを緩和するために支援します。

SGSの化学ネットワークでは、以下のサービスを提供します。

  • RoHS試験および検証サービス
  • SGS RoHS認証マーク
  • CE RoHS
  • BOMcheck.netを使ったRoHSコンプライアンス評価サービス
  • RoHS適合性の検証
  • REACH: SVHC試験とSVHCハイリスクスクリーニング
  • WEEEコンサルディングサービス
  • 環境負荷物質検査
  • 化学分析

SGSの試験では、ラボラトリーの世界的なネットワークと、1,000人を超えるこの分野の専門家を活用して、適合宣言を受けられるよう制限物質に対する必須の業界データ取得を確実にします。