Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

Wi-Fi認証により、高い規格に対するコミットメントを顧客に対して確実にできます。

Wi-Fi Alliance(Wi-Fiアライアンス)が認定した、試験施設であるSGSのワイヤレス試験ラボでは、高度な訓練を受け資格を持つ技術スタッフが、完全で最新のテストベッド装置を運用しています。

Wi-Fi(ワイヤレスフィデリティ)により、ケーブルなしにインターネットに接続することができ、最高速のケーブルモデム接続と比較して数倍高速になります。 Wi-Fiネットワークは、IEEE 802.11a、802.11bまたは802.11gと呼ばれる無線技術を使用し、セキュアで信頼性のある高速無線接続を提供します。 これらは、コンピュータ同士、インターネット、有線ネットワーク(IEEE 802.3またはEthernetを使用)との接続に使用できます。

ネットワークは、ライセンス不要の2.4 GHzおよび5 GHz無線帯域で作動し、データ転送速度11 Mbps (802.11b)または54 Mbps (802.11a)です。製品によっては両方の帯域を使用できます(デュアルバンド)。 基本の10BaseT有線Ethernetネットワークに類似する実際のパフォーマンスを提供できます。

SGSのWi-Fiラボのテストベッド装置および試験環境は、下記のWi-Fi試験を実施するために、Wi-Fiアライアンスからすべて承認を受けています。

  • 802.11a/b/g
  • WPA2
  • WMM
  • EAP
  • h+d

SGS Wi-Fi認証試験サービス:

  • 802.11 a/b/g向けWi-Fi認証試験
  • 802.11 a/b/g製品の事前Wi-Fi試験

ラボレンタルサービス:

  • 特定用途向けデバイス(ASD)試験
  • WPA2試験
  • WMM(QoS)試験
  • 802.11 h+d
  • 拡張EAP

SGSのWi-Fi試験サービスがお客様の業務に役立つ方法の詳細をご覧ください。