Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

販売先市場や食糧品輸出の国々における国際市場の高まりに対応し、SGSの入出庫管理(LS/US)サービスは、発送前後の製品調査を行います。 これには、最終ランダム検査で評価された製品が発送されることを明確にするだけでなく、コストが掛る製品の手違いを回避する目的があります。

弊社のコンテナ入搭載監視サービスの目的は、製品の運搬方法(コンテイナ、船、トラック)に関係なく、製品が適切に積み込みされ、固定されていることを保証することです。 コンテナ搭載点検には下記が含まれます:

  • 数量検証
  • 製品の追跡-卸売出荷リストや請求書による製品コード、工場番号、ストック番号の検証を含む
  • コンテナの外部・内部操作条件に関する検証
  • トレーラー・コンテナ内の残骸、虫、害獣などの清潔さの検査
  • 温度管理検査
  • パッケージング
  • 表示
  • 規制順守の荷印(例 バーコードチェック)
  • 入出庫間に認められた損傷に関する証拠書類作成
  • 梱包・入出庫処理の写真
  • コンテナ、船、証明番号の参考書類

入出庫が完了してすぐ、顧客の特定要求に伴い、改ざん・窃盗・分局のリスクを軽減する為、SGSシールをコンテナに貼ります。

搭載監視は輸入問題を回避し、製品を搭載したのと同じ州へ発送された事を確認する為、チェックリスト又は請求書に照らしてコンテナの完全性を同様に確認します。

LS/USサービスでご提供する参考書類は、輸入税と税金の正しい評価を行う為、関税目的情報もご提供します。

熟練調査員の国際的ネットワークで、SGSの入出庫検査ソリューションは、御社の安心を目的とした、供給プロセス検査の非常に重要な付加価値です。