Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

メーカーおよびブランドのオーナーは、小売業者や地域の販売スタッフが国際的な指針や地域で合意した手続きに従って消費財を市場に投入して販売することを期待しています。

SGSの小売店チェックまたは販売特約店監査では、適合性の不足を特定できます

小売店調査プログラムの範囲を設定するために、お客様と密接に協力することにより、SGSの経験ある専門家は、その企業固有の要件に適合するための監査を計画します。 監査の対象となる消費財には、玩具、電気および電子製品、化粧品などが含まれます。 監査は、食品や飲料などの消費期限がある製品にとっては特に重要です。

自動車メーカーでは、そのディーラーネットワークがブランドの顔となるため、SGSには、監査を業界に合わせて調整する自動車専門家がいます。

SGSの監査には、以下に示す項目など(ただしこれらの項目に限らない)、サンプル抽出や小売販売時点管理要素の調査があります。

  • セールスユニットの発表資料
    •   パックドレス
    • 表示
    • 棚在庫レベル
    • プロモーション用フラッシュのパッケージ
    • 棚在庫製品の平均在庫期間
    • 日次販売
  • 営業単位のポジショニング
    • 棚在庫の場所
    • 店舗の場所
    • 販売促進用品および販売時点管理の重要性
  • 小売価格および競合他社の小売価格

必要に応じて、競合他社を網羅するために、小売店舗監査の検討事項を拡大適用できます。 各地域における店舗販売とマーケティングについての考えを明確にするために、SGSは、競合他社の製品および小売販売時点管理についても精査できます。

小売店舗検査の手法は、明確で論理的です。これが、独立した理想的なパートナーとしてブランドを守ることができる理由です。 SGSには、地域の知識がある経験豊かで資格を持つ監査人の世界的なネットワークがあります。

SGSの小売店舗監査およびディーラーネットワーク監査を行うことによって組織を支援できる方法について、詳細をご確認ください。