Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

保存および保存可能期限安定性において、研究の設計からモニタリング、分析試験、および文書化まで、SGSは包括的な安定性試験サービスを提供します。

20年を超える経験と現在10万を超える貯蔵された試料により、SGSの生命科学サービスには安定性プロジェクトを扱うためのスキルと能力があります。

合計1,200 立法メートル超の貯蔵量を誇る多数のウォークインチャンバーとキャビネットによる幅広い貯蔵条件を顧客に提供します。 さまざまな冷蔵庫と冷凍庫の使用に因ってより低温で貯蔵することができます、。

すべての貯蔵庫は、年中無休のモニタリングと警報システムで完全に管理さています(21 CFR part 11準拠)。 貯蔵庫を運用しサンプルの完全なバックアップをとっているので安心です。

安定性研究試験サービス

  • リアルタイムの研究、負荷試験、および光安定性研究の設計の支援
  • 「安定性表示方法」の開発と検証
  • 安定性関連パラメータの検査
  • 安定性試料の貯蔵および管理
  • あらゆる試験期間の中間報告書
  • 包括的な最終報告書 

気候帯(ICHに準じる)

I.  21°C / 45% r.h.(相対湿度)
II. 25°C / 60% r.h.(相対湿度)
III. 30°C / 35% r.h.(相対湿度)
IV. 30°C / 70% r.h.(相対湿度)

長期、中間、および加速貯蔵

  • 25°C / 40% r.h.(相対湿度)
  • 25°C / 60% r.h.(相対湿度)
  • 30°C / 65% r.h.(相対湿度)
  • 30°C / 70% r.h.(相対湿度)
  • 30°C / 75% r.h.(相対湿度)
  • 40°C / 75% r.h.(相対湿度)
  • 40°C / 25% r.h.(相対湿度)未満
  • +5°C
  • -20°C
  • -80°C
  • 光安定性
  • 顧客固有条件
  • 移動安定性(冷凍および解凍、サイクルテスト)
  • 使用中の安定性