Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

流通時の製品の安全性と品質を維持することは、製薬業界において最も重要です。

医薬品の適正流通規範(GDP)認証は、サービスのあらゆる側面における適正な流通と品質への貢献を実証します。

適正流通規範(GDP)認証は医薬品の倉庫および流通センター向けの品質システムです。 国際的に承認されている医薬品GDP規制では、医薬品製品の流通業者がこの基準に従って業務を行う必要があることを規定しています。 このスキーマでは、初期の製造工場への原料の納品から最終医薬品のエンドユーザーへの最終的な出荷まで、サプライチェーン全体を通して一貫した品質管理システムが整備されていることを確実にします。 国際GDP要件に対する適合性についての独立評価は、品質管理システムがGDP規範に一致していることを確立する最も効果的な方法です。

SGSは医薬品業界の認証において世界的に認められたリーダー企業です。 医薬品GDP認証プロセス中に、高い技能を持つ弊社の監査者が、サプライチェーンパターンに沿ってプロセスと方針を分析し、対象とする医薬品メーカーとして高品質製品を一貫して納品していることを保証します。

SGSによる有効なGDP認証は、組織がサービスのあらゆる側面で品質に取り組んでおり、ヘルスケアサプライチェーンの重要なパートナーであることを実証します。 製薬業界のプロセスに対する適正流通規範(GDP)認証の詳細については、弊社にお問い合わせください。