Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

2003年に東南アジア諸国連合(ASEAN)の加盟国は、加盟国内で流通する化粧品の安全を規制する協定に調印しました。

この協定には次の二つの目標がありました。製品の安全・品質・効能を保証すること、および、技術的要求の調整により加盟国間の関税障壁を取り除くことです。

ASEAN化粧品指令には、成分・ラベル表示・効能・他の業界標準の適正製造基準(GMP)を含む、化粧品製造のさまざまな側面をカバーした複雑なガイドラインが含まれています。 ASEAN登録の資格を得るには、ます信頼できる公認の監査者による包括的なASEAN安全性監査を受ける必要があります。

SGSは、さまざまな業界における安全性監査の実施を主導する企業として世界的に認められています。 SGSには、お客様の事業がASEANの化粧品の管理・規制に関する統一規則に関する枠組みに全面的に準拠していることを保証するための経験や専門知識があります。 SGSの高度に訓練された監査者は、お客様と協力して、製品登録・ラベル表示要件・成分一覧・一般的なクレームガイドライン・輸出入要件・GMPなどを含む事業のあらゆる側面がASEANのコンプライアンスに従っていることを確認します。

ASEANの安全要件に照らしたSGSによる独立監査は、ASEAN登録を目指すための重要な第一歩です。 ASEANの要求を満たし、巨大な東南アジア市場に化粧品を投入する方法を知りたい方は、SGSにお問い合わせください。