Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

水理学的伝導率というのは、土壤や多孔質岩石を水が通過する比率です。

この情報は、建物・鉱山・橋・埋め立て地・尾鉱沈殿池その他のインフラストラクチャの構造や安定性に大きな影響を持つ可能性があるので、さまざまな産業に不可欠です。

SGSは、水理学的伝導率を含む、業界標準の独立した土壌試験を提供することができます。 SGSの水理学的伝導率試験の結果は、プロジェクトに影響する可能性がある浸食や構造的制約などの条件を評価することにより、リスクの軽減に役立ちます。 またSGSは、お客様のプロジェクトに応じて、以下のような関連する試験を完全に統合化したパッケージを提供することができます。

  • 酸性岩排水試験
  • レオロジー試験
  • 地球化学調査
  • 地下水および水文学調査
  • 環境と社会影響の調査

SGSの水文地質学者のチームは、標準的な方法と一貫して信頼できる品質を持つ研究所のグローバルネットワークによって支えられています。 SGSの専門家は、土壤の水理学的伝導率を判定し、水の密度や運動力学的速度を考慮します。 また、スピアマンのρセル係数は、データ中の変数間の依存関係の評価するために利用できます。 SGSの完全装備の研究所・校正された機器・透明性の高い第三者のアプローチは、正確かつ偏りのない試験結果を保証します。

SGSの倫理的な試験慣行、高品質の分析手順、業界標準への厳密な準拠は高い評価を得ています。 現場の土壤や岩石の水理学的伝導率を確認する必要がある場合には、SGSの専門家にお任せください。