Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

レオロジーは、物質の流れを調べる科学です。 工程スラリーの流れの性質は、エネルギーおよび大量輸送ベースの単位操作に影響を与えます。 固体から液体を分離したり、固体(すなわちスラリー)から固体を分離する物理的分離が関与する工程も、レオロジーに依存します。 フィードスラリーのレオロジー的性質

  • プロジェクトの成功または失敗の決定的要因です。  
  • フルスケールの向上の経済的に途方もない影響を与えます。 
  • ポンプサイズの決定を含めて最適化された装置選択をガイドします。

レオロジーの応用可能性

  • スラリー輸送のために最適のポンプ状態を定義することで、直接の設計基準が得られます。 一般的な例には次のものがあります。 
    • 濃縮物、選鉱製品および処分用尾鉱のポンプ移動 
    • ポンプサイズ決定 
    • ペースト特性 
    • スラリー取り扱いおよびスクリーニング 
    • 液固分離
  • 高温スラリーの流れを特性分析するための高温レオロジーデータの作成。 こうしたデータは、熱交換器、オートクレーブ、加熱貯蔵タンクなどの設計に役立ちます。
  • 工程レオロジーおよび堆積物マッピングは鉱石の調合に役立つため、工場全体で低コストスラリーフロー最適化の必要条件です。
  • 製品特性分析 - 効果的なレオロジー試験により、運営中の正しい質量バランス、正確な工程設計データおよび効率的な工程状態が得られます。 
  • 反応監視および制御および従来型エンジニアリング設計。

SGSは最先端のレオロジー試験装置および手順を使用します。 弊社は、幅広い鉱石、廃棄物、および化学工程スラリーを試験できます。 当社は次のサービスをご提供いたします。

  • 標準化運営装置を使用するレオロジー試験。
  • スラリー輸送、液固分離およびポンプ能力向上を支援するための専門テストワークの設計および開発。
  • 数学モデルによるデータ分析。 
  • 工場運営手順の勧告。
  • 冶金工程および装置サイズ決定に関する設計基準の作成。

SGSのレオロジー試験

鉱物、冶金学および化学工程スラリーが関与する、流れの性質が継続的運営の経済に影響するために、スラリーシステムの完全なレオロジー的理解が必要です。 SGSの専門家は次の作業を実施します。

  • 最も効果的な工程にプロジェクトリソースを適切に割り当てるために、ユニット工程のプロジェクトスクリーニングの早期にレオロジーデータを作成します。
  • 正確な試験結果を首尾一貫して達成できる、長年の経験から確立された試験プロトコルを使用します。 
  • 正確な工程レオロジー設計基準を選択し、プロジェクトの問題を解決できる、専門家のデータ解釈を提供します。 
  • ベンチマーク目的で、鉱物および冶金物質のために、包括的なレオロジーデータベースを開発しています。
  • 統合工程、環境、分析および鉱物学的試験に深い専門技術を有しており。プロジェクト固有またはスタンドアロンベースでレオロジー調査を行い、情報を得た決定を下すために必要なデータを提供します。