Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの生体毒性研究では、化学物質が動植物に与える可能性のある影響に関する調査や、作物保護化学物質および殺生物剤の研究をしています。

SGSの生体毒物分析における豊富な経験は、難溶性物質、揮発性物質、着色物質などの問題物質にも対応できます。 つまり、必要に応じて特定の同定試験および濃度測定をご提供できます。

SGSの生体毒性試験サービスには下記の内容が含まれます。

  • 細菌毒性試験(急性、好気性、嫌気性、慢性、単型種検査、複合体結合の試験)
  • 藻増殖阻害試験(多様な種類)
  • 甲殻類の毒性(例:ミジンコ属)
  • 魚類の毒性、急性(半止水式、止水式)
  • 蠕虫の毒性(急性)
  • 植物増殖阻害試験
  • 土壌微生物相試験(BBA規則VI 1-1、OECD 216およびOECD 217)

SGSの生体毒性試験方法は下記のガイドラインを遵守しています。

  • Biologische Bundesanstalt für Land- und Forstwirtschaft (BBA – ドイツの連邦農林生物研究所)
  • 経済協力開発機構(OECD)
  • Deutsches Institut für Normung(DIN – ドイツ標準化機構)
  • 国際標準化機構(ISO)
  • ヨーロッパおよび地中海地域の植物防疫組織(EPPO)
  • 欧州委員会(CEC)
  • 環境保護庁(EPA)
  • 欧州化学物質生態毒性・毒性センター(ECETOC)

また、SGSは医薬品安全性試験実施基準(GLP)に沿った生体毒性試験を実施しており、世界中で高く評価されている独立した生体毒性試験提供機関です。 このことは、物質や商品登録の際、実施しなくてはならない環境リスクアセスメントの一部として、SGSの生体毒性試験結果を利用可能であるという意味です。

SGSの生体毒性試験サービスの詳細については、今すぐSGSにお問合せください。