Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

喫水調査とは、船舶に積み入れ(あるいは積み下ろし)が行われた素材の重さを決定する手段です。 SGSの熟練した高い技術を持つプロは、お客様のために喫水調査を実施し、独自の喫水調査報告書を作成できます。

船舶の喫水調査では積み入れ/下ろしの前後での排水量を計測し、その排水量の違いから荷物の重さをはじき出します。 弊社調査者は、荷物の重さを特定する際に規定済の国際ガイドラインに従って業務を行い、調査中にはいくつかの主要要素を考慮します。 これらの要素には以下のものが含まれます:

  • 海、川などの水路における水の比重
  • 喫水調査の開始時点と終了時点の間でのバラスト量の変化
  • 喫水調査の開始時点と終了時点との間での船舶の消耗品(燃料、飲料水など)の変化  
  • トリムおよび変形修正(船舶の喫水表からのデータを使用)

喫水調査で定められた重量の正確さは、積み入れあるいは積み下ろしの際の海の条件(勾配および隆起)によっても変化します。

複雑かつ正確な計算

弊社の喫水調査担当者は、計測した生データをSGS独自の喫水調査ソフトウェアに入力します。 このプログラムが、国際標準化された喫水調査プロトコルを用いて、積み入れ(あるいは積み下ろし)された重量を計算します。 そしてその結果を、調査中に得られた詳細が全て記述される喫水調査報告に編集いたします。 この報告書は、荷物量の証拠基盤として用いることができます。

その他の輸送・発送業務

弊社の喫水調査業務は、貴社商品の輸送・発送に焦点を当てた数多くの業務のうちの一つに過ぎません。 他には以下のものがあります:

  • 監査ソリューション
  • 清浄度検査
  • 損傷調査
  • 燻蒸および有害生物管理
  • 保証されたビジネスソリューション
  • 積み入れおよび積み下ろしの監督
  • 事業計画サポート
  • サンプリングと分析

今すぐSGSに連絡し、さらに喫水調査を含む弊社の輸送・発送業務について見付け出しましょう。